ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 冬を感じる時、冬を感じる方法。

冬を感じる時、冬を感じる方法。

こんにちは、新潟本社の佐藤です。

雪、降りましたね〜

今年も雪の降りはじめは「雪やこんこ〜あられやこんこ〜♪」

と穏やかな感じではなく、、、、

雨→暴風→雷→雪

こんな感じでしたね。

週末に降った雪もだいたい溶けて、いったん落ち着きを見せましたが、また今週末から降るらしいですね。
私は豪雪地帯の小千谷出身なので「クリスマス豪雪」とよく言ったものです。

さて、そんなかんじでいよいよ冬まっしぐらという師走よろしく、忙しい日々を皆さん送られているところだと思いますが
みなさんどのように冬を実感しますか?

そんな余裕ねえー!忙しいわ!寒い!こたつ命!

そんな方がほとんどだと思います。(あくまで憶測です)

私には冬到来となってきた時に、毎年無意識でやってしまっている行動や習慣がいくつかあります。
誰得だよ!と思うかもしれないですが、季節には敏感でいたいわたくし、勝手にまとめていきたいと思います。

①映画「私をスキーにつれてって」を見る。

冬の始まりに絶対見ている映画。これくらいの季節になると自然とレンタルしているんですね。
(そういえば、最近レンタルビデオショップが減っていっていて、個人的にちょっとショック)
原田知世がめちゃくちゃ可愛いんだ。。。劇中のように「バーン」って撃ち抜かれたい…おっと失礼・・・
映画自体は34年前、1987年の映画。私の両親がまだ高校生の頃。いわゆるバブルの時期。
賑やかで華やかで、今よりも自由に開放的な雰囲気で、つい羨ましいなと思ってしまいます。
ユーミンの曲も言わずもがな最高です。主題歌の「恋人がサンタクロース」もいいですが
個人的には「A happy new year」が好きですね。
去年一昨年とスノボに行けていないので、今年こそはいくぞー。

②寺泊のアメ横に行く

なんだろう、年末年始の大売りというか、そういう雰囲気が好きなんですよね。
みんな年末年始のおせち料理の買い物なんかに来ていて、大量に袋をもっている姿を見ると
ああ年末だなあと感じるんですね。
んで、ここには毎年必ずと言っていいほど父と2人で行きます。
大量の蟹や刺身や寿司を買って、浜焼きを買って車の中で食べながら海岸線沿いに
日本海の荒波を横目に帰る。というのが毎年の恒例行事です。

③ユニコーンの「雪の降る街」を聞く

親の影響からか、基本的に聞く曲、見る映画など趣味嗜好は90年代80年代が
ほとんどなんです笑 ユニコーンは母の影響です。
この曲のなんとも言えないノスタルジーさたるや…
雪が降るちょっと鬱屈な気持ちもありつつ、年末というちょっと時間の流れが
ゆっくりになるあの雰囲気をこの曲を聴くと感じます。
雪がたくさん道端に積もっていて、消雪パイプが出ていて、大粒の雪が降っていて
その雪に反射してぼんやりと光放つナトリウムランプの街灯…そして静かな街…
そんな情景も浮かぶというか…
僕の冬ソング1位はこの曲ですね。

まだまだありますが、これくらいにしておきたいと思います。
みなさんにとっての「冬といえば」なこと
ちょっと振り返ってみて、その中に楽しみを見出せたら、少しは冬も楽しめるのではないかなと思います。

それでは!

関連記事