ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. 北京2022年オリンピック冬季大会

北京2022年オリンピック冬季大会

みなさん、こんにちは。佐藤 里枝です。

いよいよ冬季オリンピック始まりましたね°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

昨日は3年ぶりにスキーをしてきました!!それほど滑っていないのに

筋肉痛とダルさが取れず…しみじみと自分の年齢を感じました。

昨日の天気予報(降雪予報&気温の低さ)とコロナの影響もあってか、

三年前と比べて3分の1くらいの込み具合に感じました。

今回は夏の東京五輪から半年、あっという間に冬季オリンピック開催といった感が

ありますが、連日応援する楽しみが増えるのでオリンピックイヤーはウキウキします😊

2月4日の開会式、中国の映画監督、張芸謀(チャン・イーモウ)氏の演出はとても

オシャレで素敵でした。時間配分もコンパクトにまとめられていて、サクサク進行する

なぁと感じました。さすがです!!

エンブレムも【冬】の漢字にインスピレーションを得ているとの事で、漢字を使う

国ではあっ!【冬】の文字が隠れているって気づく人も多いと思いますが、文字が

デザインに取り入れられてなかなか素敵です。

マスコットはやっぱりパンダ🐼 ビン ドゥンドゥン にも注目です。

みなさん、開会式の各国入場行進の順番は、開催国の言語の順番を採用するって

知っていましたか? なるほど!と思ったのですが、そういえは東京オリンピック

でも“あいうえお順”でしたよね。中国語表記(簡体字)の1文字目の画数が少ない

国から順に登場との事で、五輪発祥の国、ギリシャに続いて先頭は「土」漢字3画から

始まるトルコ。日本は4画で10番目の行進でした。

最終は開催国中国、その前は2026年オリンピック開催地のイタリア、その前はというと

15画「澳」で始まるオーストラリアでした。

中国語は外来語を漢字で表記しているため、国名の発音にピンイン(中国語の発音を

アルファベットを使った記号で表したもの)の音が近い漢字を当てているのですが、

行進のプラカードを見ていて「おや?」と思ったのが

「氷島」

みなさん思い浮かべるのは…そう、アイスランドでした。こちらは意味から漢字を

そのまま当てたんですね。

随分と私の【中国】趣味が詰まった内容になってしまいましたが…

今週も注目の競技が連日続きます。時差も一時間でLIVEで観戦できる競技も多いです

よね!昨晩は実に24年ぶり、ノーマルヒル男子決勝での今回日本人初の金メダルに

気分が上がりました。ガンバレ日本✨

 

 

関連記事