ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. バレエのこと

バレエのこと

某社の卓上カレンダーを毎年使っています。来年のテーマは「世界の市場」で、1月は「豊洲」。美味しそうな鰤や鯛を眺めながら書いている新潟本社の島田です。

しかし、寿司の話ではなくバレエ体験をした話です。
バレエ。あの踊る方のバレエです。
突然すぎるとお思いでしょう。えぇ、私もそう思います。

対象者はどなたでも!未経験歓迎!とはいえ、バレエ。
よく応募したなと。今更改めて自分に驚いたところで当日の話。
動きやすい服装は、普段のジョギング用で揃っているので問題なし。
会場はりゅーとぴあのスタジオ。
壁には鏡。バレエ用のバーがずらり。
これを見てちょっと心躍りました。

中をのぞくと既に壁際で準備運動する参加者の皆様。
見るからにかっこよく、とても柔軟性に優れた方々が揃っていらっしゃいまして。
私…大丈夫か!?このまま回れ右で帰ったほうが…?とも思いましたが、
いや、さすがにフルマラソン走った人はいないだろうな…と心の中で謎のマウントを取り、見よう見まねでギギギと音がしそうな前屈やストレッチをしながら待ちました。

レッスンが始まると、あのバーの横に立つだけで、なんとなくバレエっぽさで嬉しい初心者。
1番とか5番とか「あー!バレエレッスン風景でよく聞くあの番号ね!!」と、心躍るが脚は踊らない初心者…
なぜ、この関節がそこまでしなやかに動くのか!?私と同じ関節の仕組みだろうか…
腕?なぜあんなに優雅なの??
プリエ…!プリエって言った!(バレエでよく聞く単語!!)と、また心躍る初心者。

その中で脚の運びを教わって動いてみたところ、なんとなく運びが出来る自分に気づきました。
そう、これ、昔習った太極拳の脚の運び動きに似ている…!?
心でガッツポーズをしたものの、なんだか、おかしい。

そう、太極拳って基本姿勢が膝を緩めて腰を落とした中腰なんですが、バレエはまっすぐ。

膝を曲げたまま脚を運ぶ私は、一人だけなんか違うまま終えたのでした…
でも最後は汗だく。

バレエ体験で太極拳のことを思い出し、これを書きながらもなんとなく背筋がのびます。

そんな私が参加したのは新潟が世界に誇るカンパニー、Noism(ノイズム)が開いた
市民のためのオープンクラスのひとつ
Noismバレエ体験(初級)

いつも皆さんがやっているという基本の動きを教えていただき、
各関節、各筋肉にいい刺激を受けた約90分。
とくにバレエの立ち方の基本姿勢は、寒くて背中から丸くなりがちなこの頃は特に再確認していきたいです。

ノイズムの皆様お世話になりました。次回公演「Duplex」も期待しています!!

関連記事