ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. モルカーへの道

モルカーへの道

週末ジョギングをしていますが、桜を見てしまってなかなか足が進まない島田です。

今日は、手芸の話です。
「PUIPUIモルカー」見てましたか??
羊毛フェルトで作られたモルモットの自動車「モルカー」が繰り広げる1本あたり2分半ぐらいのストップモーションアニメ。

賑やかで楽しい話から人間との関わり、環境問題や社会問題まで織り込まれている話もあり、かわいいモルカーを見てるとすごく癒されるアニメ。
先日最終話を迎えてしまいましたが。

見ながら、これってあの針でプスプス刺して作るあれか!??と興味がわき、
なんか流行っていたような気がするし…作れそうだよな…と思ったことから作ってみました。


パンダを。(モルカーじゃない!?)

そもそも羊毛フェルトをよく知らず、
フェルト?あの小学校時代に中に綿を入れてマスコット作ったあの布?
あれを針で刺す?と思っていたので
材料が布になる前のふわっふわの綿のような糸のような羊毛のことだというのも今回知りました。
検索するとダ〇ソーさんで材料が揃うというので
ダイ〇ーさんに行ってスターターキット(ニードルとスチロールの作業板のセット)と、とりあえず何か作ってみようかと

パンダの材料が1セットになっているものを買いました。以上合計220円。

作成時間4時間ぐらいかかったんじゃないでしょうか。
でも初作品にしては、見本となんか違うけど、ヒヨコのポシェットないけど、
味があるパンダだと思いませんか?(自画自賛)

作業台がスチロールなので、非常に見づらい写真ですみません。

↓ 羊毛を広げて丸めながらニードルで刺す様子。

この芯を作るのが一番時間がかかったけれど、

ここにどんどん羊毛を足して、ひたすらニードルでブスブス刺していくのは無心になれる作業で好きでした。
時々、チクッと指に刺したりしましたが…
あと、ちょっと違うか?と思ったら羊毛を足して修正できる(ごまかせるとも言う?)ので勢いで進めてもなんとか形になると学びました。

これは好みのモルカーを作れる日も近いのでは…
次回完成作品を紹介ーーできるかどうか…続く?

関連記事