ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ブログ
  4. サンクスツアーへの感謝

サンクスツアーへの感謝

先週金曜日、14時からのwisdom当番は私だったんですが、
もし私が10分程早く交代していたら、前の彼のブログ内容が変わっていたのかもしれないなぁと思った島田です。

しかし、唐揚げの話ではなくアイスショーの話です。
ちょうど昨日、3年に渡って開催された浅田真央サンクスツアーを追った特番が放送されていたのでそれを見て思ったことを書こうと思います。

2018年~全202回の公演を終えた、真央さんとサンクスメンバーの晴れやかな笑顔が印象的でした。
最終公演前の真央さんの言葉が印象的だったのですが
最後だからと言っても、いつもと同じことをするだけ。今まで通りやるだけ。
自信に溢れていましたし、3年の過程それぞれの公演で得て成長したんだなぁとジーンときました。
(ちなみに、これは番組冒頭だったのですが、私は既に感極まって涙しています。)

サンクスツアー公演の半年前から練習開始。
(サンクスツアーの記念すべき初回公演地は新潟でしたね!)
真央さん、現役引退からはずっとスケート靴は履かなかったそうで、基礎練習を黙々とこなして、自分のスケーティングを取り戻していく様子は毎日コツコツと積み上げることの大切さと難しさ、真央さんの努力と覚悟を感じました。

今までに行ったことのない土地に行って、アイスショーを見たことのない方にも見てもらって、感謝を伝えたい。
今までにないアイスショーをしたい気持ちには妥協しない。
目を見てお礼を伝えたいから客席は近く、料金は半額以下。
私もフィギュアスケートファンとして、アイスショーには足を運ぶ方ですが、まずこの料金設定にびっくりしましたし、そして実際ショーを観に行った際の席の近さにもびっくりしました。

ルールにとらわれないアイスショーは、同じフィギュアスケートだけど全く違います。
現役時代に滑ったプログラムをショー用に再構築しているのですが、グループ演技で魅せること、一人で滑る演技もサンクスで魅せるために衣装も小道具もしっかりこだわって作り上げている様子が見られます。
真央さんだけじゃなく、公募で集まったサンクスメンバー個々の成長や視点も紹介されていて、ますます素晴らしいアイスショーを見せてもらえたんだと、再び私の視界が涙でゆがむのでした…

全力でやりきった。
後悔はない、晴れやかな気持ち、サンクスをやってよかった。
サンクスをやり切った自分をさらに超えたいと語っていました。
途中公演中止が続いて、練習できなかった日々を乗り越えてきましたから、本当に強いですね。

フィギュアスケートは、家族みんなで楽しめますし、新潟市内には年中無休のリンクがありますので冬だけじゃありません!暑い夏に涼しいリンクで滑るのは爽快。
サンクスツアーきっかけでちょっと滑ってみようかな?とリンクに足を運ぶ方が増えたり、また今の現役選手のレベルはものすごいですから!試合を見る視点が少し変わったり、興味を持って下さる方が増えるきっかけをくれた真央さんとサンクスメンバーの今後の活動も応援したいです。

いつかまたリンクでスマイルが見られますように!!

関連記事